便秘と腸内環境

便秘改善について考えてみましょう。便秘は腸内環境の悪化を促進してしまうものですが、逆に腸内環境が悪いことで便秘が悪化することもあります。つまり便秘と腸内環境にはお互いを助長してしまい、悪影響を与え合う関係なのです。便秘改善も腸内環境の改善も、どちらから先に行うというより同時に改善していくことが大切となります。

腸内環境が悪化すると言うことは、善玉菌の数が減り悪玉菌の増殖が活発になっている状態です。この状態によって腸からの栄養吸収も悪化し、逆に便秘によって溜まってしまった排泄分から逆流して、細胞に毒素が吸収されていきます。それら毒素を吸収し血液によって細胞に運ばれることで、細胞の代謝も低下も。当然さまざまな内臓の働きも低下していき、腸の働きも低下します。

腸の働きが低下することで便秘が悪化していき、ますます毒素を体内に送り込むことになるのです。このように切ることの難しい連鎖が起こってしまいます。そこで、この悪の連鎖を切るためにも、まず腸内の善玉菌を強くして悪玉菌の増殖を抑えることが大切です。そのためにも善玉菌のサポートをしてくれるオリゴ糖は悪の連鎖を切ってくれる突破口となるでしょう。特に粉タイプのオリゴ糖の方が質の高いものが多くなります。

そしてオリゴ糖のサポートによって元気になった善玉菌の増殖が活性化すると、今度は悪玉菌が抑えられ腸内からは栄養素がしっかり吸収されるようになります。内臓も健全になり腸の働きも正常になることで便秘も解消されていきます。